洋画・邦画のヌキ所

AVだけがエロじゃない!名作映画を楽しみつつ濡れ場シーンを堪能

洋画・邦画のヌキ所

1895年、フランス人「リュミエール兄弟」が「シネマトグラフ」を開発、世界最古の映画館「ル・エデン」にてドキュメンタリー「工場の出口」が公開された。僅か50秒程度の「動く写真」に人々は興奮したという。これが映画誕生の瞬間である。その後一世紀以上に渡り、映画は人々の娯楽として定着した。

映画は「人生の鏡」と言われる事がある。どんな映画にも人物が存在し、観客はその容姿や個性に惹き付けられる。俳優が演ずる「生き様」を自分自身に投影しながら、ある時は感動に号泣し、またある時は恐怖に怯える。たとえ人が何百回生まれ変わることが出来たとしても得られない「人生」という疑似体験を与えてくれるのが映画ではないだろうか。

と「つかみ」はこれくらいで

映画が人生の縮図なら、そこには様々な欲望が渦巻きます。いや、欲望無くして映画は出来ないのです。物欲・食欲・名誉欲・支配欲・・・中でも「性欲」は、興行成績アップのために欠かせないサービスシーンとなっています。(強引な話の展開)

そう、なにもアダルトビデオやポルノ映画だけがエロ映画ではありません。世に言う「名作映画」や「大作映画」にもエロいシーンは存在するのです。皆さんも映画本編を堪能しつつ「間隙に現れるピンクの光」を楽しもうじゃありませんか。

映画選択○箇条(例外多し)

リンクお問い合わせサイトマップ
Copyright(C)2008 adult-safety.net All Right Reserved.