洋画・邦画のヌキ所

AVだけがエロじゃない!名作映画を楽しみつつ濡れ場シーンを堪能

そこまでやるか!5転、6転の逆転劇

タイトル ワイルド・シングス
ジャンル ミステリ
制作国 アメリカ
制作年度 1998年
上映時間 108分
監督 ジョン・マクノートン
主演 ケビン・ベーコン()
マット・ディロン(サム)
ネーブ・キャンベル(ケリー)
濡れ場タイム 16分、55分
粗筋

ブルー・ベイ高校に通う富豪の娘ケリー。週末を利用し友人のスージーと共に、勤勉な指導カウンセラーとして女生徒の憧れの的であるサムの家へと向かう。何事もなく帰宅したように見えたケリーだったが、その翌日、母親が「娘がレイプされた」と警察に訴えた。小さな街で起きたスキャンダル事件に世間の目は厳しく一人孤立するサム。しかし裁判は意外な展開を見せる。事件当日に同行していたスージーが突如発言を翻し、すべてはケリーの仕組んだ計画だったと明かすのだが、これは事件の序章でしかなかったのだ。

感想

フロリダの陽光を背景に、それとは対照的な陰湿な事件を追い、その謎が5転6転する「娯楽」ミステリです。確かにどんでん返し系の面白さは十分あります。しかしシナリオを捻りすぎたため、逆に緊迫感の欠落した「緩いテンポ」に感じられてしまうんですね。「本格」ミステリではなく「娯楽」ミステリと表現した理由がここにあります。面白いのはエンディングのスタッフロール。事件の幕間に起こっていた事実を断片的にインサートして、映画の全貌を補完しています。続編が3まで作成された人気シリーズ中、一番出来の良い本作をピックアップしておきます。

濡れ場

ケビン・ベーコンの○○がモロ見えと話題になっていた女性ファン必見のお宝映画。野郎の目で見ると「勝った負けた」の低次元バトルネタになりそうです。それはともかく、本作最大の抜き所は 55分辺りの3Pシーン。一般映画で3Pシーンというのは実に珍しいのではないでしょうか。ネーブ・キャンベルの「ないすばでぃ」が拝めますよ。DVD版には「エロティックバージョン」があるそうですが、残念ながら未見なので、どこらへんが増えているのか解りません。ケビンベーコンだったりしたらイラねーぞ!

リンクお問い合わせサイトマップ
Copyright(C)2008 adult-safety.net All Right Reserved.