洋画・邦画のヌキ所

AVだけがエロじゃない!名作映画を楽しみつつ濡れ場シーンを堪能

人間「竜馬」に焦点を当てた異色作

タイトル 竜馬暗殺
ジャンル 時代劇
制作国 日本
制作年度 1974年
上映時間 118分
監督 黒木和雄
主演 原田芳雄(坂本竜馬)
石橋蓮司(中岡慎太郎)
中川梨絵(幡)
松田優作(右太)
桃井かおり(妙)
濡れ場タイム 16分、18分、23分、29分、54分、81分
粗筋

慶応三年、寺田屋にて幕使2名を殺害した罪で追われる坂本竜馬(原田芳雄)。「近江屋」の主に匿われ土蔵に身を潜めるのだが、自由奔放な竜馬がそんな生活に満足できるはずもなく、向かいの宿に住む遊女の部屋へと忍び込み、はては白塗り女装で町中へ繰り出す遊興ぶり。しかし時は大政奉還後の混迷期にあり、権力闘争の狭間で薩長連合からも疎まれる竜馬の身辺に刺客の手が忍び寄るのだった。

感想

幕末の動乱期を舞台に、寺田屋事件後、竜馬が暗殺されるまでの2日間を描いた時代劇。往年の映画ファンには馴染み深いATGという事で、1974年制作のモノクロ映像です。劇中で時代背景の補足説明や「竜馬・・・ド近眼・・・ナリ」などの全面字幕を挿入した「サイレント映画調の演出」もあまり効果的とは言えず、シナリオのテンポも比較的単調・退屈な部類でしょう。しかしこの映画の魅力は、幕末維新の英雄として描かれる事の多い「坂本竜馬」を、自由奔放・豪放磊落な一人の人間として描いた点にあります。原田芳雄の演ずるがさつで男臭い竜馬と、松田優作演ずる薩摩藩を追われた無口な男の絡みを堪能してください。

濡れ場

ATG作品でお約束の濡れ場シーンは「中川梨絵」扮する女郎「幡」の一人舞台です。原日出子を思わせる甲高い笑い声が耳に付くのはご愛敬。モノクロ特有の深みが肌の質感を軟らかく表現していてよいですね。忘れていましたが映画の冒頭部分で桃井かおりがおっぱいチョイモミされてます。

リンクお問い合わせサイトマップ
Copyright(C)2008 adult-safety.net All Right Reserved.