最低限の安全対策チェック項目

「自分は大丈夫」の過信が致命傷。アダルト動画を楽しむ前の下準備

動画再生に必要な通信回線

動画の再生やダウンロードは、他と比較にならないくらい大量の通信帯域を必要とします。しかし多くの動画サイトは、全ての会員が同時に見られるほどの回線容量を持っていないため、利用時間や同時利用人数に応じた「帯域制限」をかけています。つまり、あなた側が高速回線で接続していても、相手側に制限があるので「高速回線を使い切れない状態」なのです。もし動画再生のために回線をグレードアップしようとお考えなら、実際にサンプル動画などを再生してから決めても遅くはありません。

ADSLでも見られる?

よく「光ケーブルじゃないと駄目なんじゃないの」という質問を受けますが、ADSL回線の10Mタイプでも大丈夫、光ケーブル接続回線なら申し分ありません。どんなに高速なモデム機器を使用していたとしても、ダイヤルアップ接続での利用は諦めるのが得策。「出張先のホテルで見たい」という方は、他の事をしましょう。

一般的に、無料動画サイトで見られる物のほとんどが低画質です。また有料の動画サイトでは、回線スピードに合わせて「画質を選べる機能」がありますのでさほど心配はいりません。ただやはり限界はあるので

ADSL回線ならば単独PCで使用

するのが限度だと思ってください。家庭内で複数のPCをインターネットに接続している場合、他のPCはインターネットのサイトを見るだけでもかなりのストレスを感じます。

光回線接続も高くない

NTTグループのサービス名称「フレッツ光」に代表される「光回線接続」。新規参入組との競合で、利用料金もどんどん下がっているのは有り難い限りです。100MBの高速接続が利用できて、マンションタイプなら月4,000円台、住宅タイプなら月6,000円台の費用というのはかなりの魅力です。

光回線接続はなにもNTTの専売特許ではないとばかりに、NTT以外の通信事業、広域サービスを得意とするガス会社から、地域特性を生かしたケーブルテレビ各社まで、各社乱立気味の様相を呈しています。

動画再生で「無くて困るのは通信帯域」「あって困らないのも通信帯域」です。これから通信回線を新調しようとお考えなら「光回線接続」をお勧めしておきます。

リンクお問い合わせサイトマップ
Copyright(C)2008 adult-safety.net All Right Reserved.