最低限の安全対策チェック項目

「自分は大丈夫」の過信が致命傷。アダルト動画を楽しむ前の下準備

動画ファイルからDVDを作成するには

有料・無料を問わず、アダルト動画の配信方式は大きく2つに分類されます。ひとつは「ストリーミング配信」で、これはインターネットに接続したPC上でリアルタイムに再生する方式です。もう一つは「ダウンロード配信」、これは動画ファイルを一旦PCに保存してから再生する方式です。

どうも、ダウンロード方式で入手したファイルをDVDメディアに焼き込めば、そのまま家庭用DVDプレーヤーで見ることが出来ると勘違いしている方が多いようですが

そのままでは見られません

のでご注意ください。動画ファイルはPCで再生する事を前提とした形式です。それをDVDプレーヤーで見たいのならば「オーサリングソフト」を使用して、DVDプレーヤーで見られる方式に変換しなければなりません。

本コーナーのセキュリティとは別の問題ですが、よく質問される事なので少しだけ触れておきましょう

どんなソフトで変換するの?

この種のソフトは、動画の編集が中心の「編集用ソフト」と、DVD変換が中心の「オーサリング用ソフト」に大別できます。

前者では、UREAD社が発売する VideoStudio、後者ならば、ペガシス社製 TMpgEnc シリーズなどが有名です。いくつかのフリーソフトを組み合わせる事でも作成できます。

オーサリング時の注意点

ダウンロードした動画ファイルをDVDに変換する際に、誰もが突き当たる「音ズレ」問題があります。詳細は省略しますが、動画の最後の方になると映像と音声が微妙にずれてしまう現象です。ひどい時には1秒近くずれるので、こうなると見るに堪えません。

二つめが「変換に要する時間」です。1時間の動画をDVD形式に変換する場合、1時間以上の時間がかかります。更に、画質を優先すれば、実時間の2倍程度かかると思った方がよいでしょう。

三つ目は「保存容量」。PCで見るために作成された動画ファイルは、高画質でありながら、圧縮率が高いのが特徴です。DVDにそのまま保存するのであれば、1時間の動画を数本分収納できます。しかしDVDプレーヤー用にオーサリングする場合は、その1/3程度となり、画質も若干落ちてしまいます。

四つめとして「すべての動画ファイルが変換できるとは限らない」点です。特にデジタル著作権保護機能(DRM)のかかっている動画ファイルは無理だと考えてください。

オーサリングソフトのお勧めは

前述のデメリットを差し引いても、一般のDVDプレーヤーで見られるメリットは大きいですね。私自身も動画(アダルト物では無いですが)をDVD変換したいと考え、ここ数年で20本近いソフトを比較・試用してみました。ビデオカメラで撮影した映像を編集するのであれば、「コーレル社 Video Studio」を筆頭に、いくつかの選択肢があるのですが、動画ファイルを DVDに変換する事が目的となると「ペガシス社 TMPGEnc シリーズ」が最適でしょう。前述した「音ズレ」対策が出来るのは、この製品だけのようです。

最近は、多くの事がフリーソフトで出来る時代です。手間暇かければ無料でDVD作成も可能とはいえ、かなりの制約がありますので、今回は上記製品を推薦して終わりとしておきます。

リンクお問い合わせサイトマップ
Copyright(C)2008 adult-safety.net All Right Reserved.