こんな手口に要注意

ウィルス・ブラクラ・スパム・不正請求。アダルトサイトに潜む罠とその対策

広告目的のサイトは悪なの?

本コーナーでも、度々「クリック報酬を目的としたサイト」という表現を使用しており、一見そのような行為が「悪」のように見えたのなら、それは誤解です。

今や、インターネット上の広告は、アダルト系サイト・一般企業サイト・一般ユーザ作成サイトを問わずどこでも見かけるようになりました。むしろ広告を掲載していないサイトのほうが少ないくらいではないでしょうか。広告による報酬制度はインターネットの世界では常識だと言えます。

一方、閲覧者側で考えた場合、広告をクリックしたことで運営者に報酬が支払われる事に不満を抱くかも知れませんが、自らがお金を払う訳ではないし、その情報を知る切っ掛けになった事への情報料だと考えるべきでしょう。私自身もインターネットを見て回り、有益な情報があった場合、お礼を込めてそのサイトのスポンサー広告をクリックするようにしています。

ちょっと話が逸れてきましたが、当コーナーで説明している「クリック報酬を目的としたサイト」というのは、ユーザが意図しない事をさせる行為を示しています。例えば、ある画像をクリックすれば、その画像の詳細が見られると思いますよね。しかし実際は何の関係もないサイトへ飛ばされるような行為です。検索サイトの優先順を上げるための細工と、ワンクリック詐欺サイトへ誘導のための細工とでは、その危険度・犯罪性に雲泥の差はあれ、行為自体は同じ事だと考えています。

【クリック報酬について】
「クリック報酬」とは、インターネットを閲覧している方が、サイトに掲載した広告をクリックする事で、広告主からサイト運営者が報酬を受け取る仕組みです。一般的に「アフィリエイト」と呼ばれています。
リンクお問い合わせサイトマップ
Copyright(C)2008 adult-safety.net All Right Reserved.