こんな手口に要注意

ウィルス・ブラクラ・スパム・不正請求。アダルトサイトに潜む罠とその対策

改正著作権法の「ダウンロード禁止法」とは

別コラム掲載の「P2Pソフト Share 利用者を一斉逮捕」でお伝えしたように、著作権侵害にあたるファイルの配布は、従来から著作権法で禁止されていますが、2010年1月以降は、これに加えて、ダウンロードした側も取り締まるための「ダウンロード禁止法」が施行される事になりました。

文部科学省の公式資料は「著作権法の一部を改正する法律案」をご覧ください。ただし、プレゼン用のPDFと、条文そのままの引用というお粗末な説明だけなので、これで理解できる人はあまりいないでしょうね。

今回の改正著作権法の目玉は「著作権を侵害しているファイルやデータだと知っていながらダウンロードした場合、処罰の対象になる」という事です。法律上の罰則規定はないため、実際は書類送検のみで、民事賠償請求という段取りになるのでしょうが「前科」が付くという「社会的な重み」は計り知れません。

それでは、もう少し具体的に、一番解りやすそうな例として映画「ハリー・ポッター」シリーズで説明しておきましょう。

映画「ハリー・ポッター」がワーナーの著作物であることは解りますよね。いや誰が著作権を保有しているかどうかは知らないとしても、映画自体に著作権がある事は理解していなければなりません。「そんなのいちいち調べながら観ていないよ」と言う理屈は通用しませんよ。なぜなら著作権という物は、申請して得るものではなく、作品が公表された時点で自動的に発生するものだからです。文学や絵画、映画などの創造物すべてに、著作権が自動的に発生し、文学の場合は著者の没後50年、映画の場合なら公開から70年間が保護期間になっています。映画で著作権が切れている物は おおよそ 1940年以前の作品(大半がモノクロ映画)、つまり現状出回っているほとんどの映画が著作権対象だと思えばよいでしょう。

さて本題に戻って、映画「ハリー・ポッター」。さすがワーナーの看板映画(内容はともかく)だけあり、インターネット上で正規配信するケースはごく稀です。新作のリリースに合わせて旧作品を期間限定で有料ストリーミング配信する程度ですから、もしどこかの動画サイトで「ハリー・ポッター」シリーズを見かける事があれば要注意です。

●大手の動画サイトで見つけたら
信頼できる大手の国内動画サイトで配信されている場合は問題ありません。海外サイトの場合、限りなく黒に近いグレーゾーンです。オンライン視聴時のサーバー負荷を下げるため、3日間とか1ヶ月だけ再生可能な動画ファイルとしてダウンロードするサービスもありますが、これも問題なし。しかしファイルにかけられている DRM等の著作権保護プログラムを解除する場合、暗号化解除を禁止するリバースエンジニアリングに抵触します。
●投稿型の動画サイト
元々、著作権動画のアップロード自体が違法ですが、今回の法改正に、視聴自体を取り締まる役目は無いようです。ストリーミング視聴するのではなくダウンロード(保存)した場合は処罰対象となります。
●テレビ放送録画物なら大丈夫?
テレビ放送が無料だからといっても著作権が消滅するわけでありません。上記同様、アップロード・ダウンロード共に違法です。
●P2Pでの入手
Winny、Share、BitTrrent 等のP2Pソフト上で流通しているファイルはほとんどが違法です。今回の改正著作権は、これら P2Pソフト対策がメインですので、もし現在これらのソフトを使用しているようなら、この機会にやめる事をお勧めしておきます。特に P2Pソフトの特性上、ダウンロードしている時点で、ファイル拡散のためアップロードを同時に行っているので、刑事罰の対象になりかねません。

ネットの掲示板を見ると「P2Pを取り締まるためとはいえ、通信内容の傍受はプライバシ侵害」だとか「ファイル名だけはダウンロードしたものが本物かどうかわからない」等、何ともご都合主義の持論を展開する猛者もいますが、冒頭に述べた通り、「ハリー・ポッター・・・」というタイトルのファイルをダウンロードする行為自体が違法になるという認識程度は持っていてもらいたいものです。

リンクお問い合わせサイトマップ
Copyright(C)2008 adult-safety.net All Right Reserved.